IAIIAI:creative agency

「アイ・エイ・アイ」:IAI

三菱一号館美術館:裏庭
三菱一号館美術館
〒100-0005 東京都千代田区丸の内 2-6-2


トゥールーズ=ロートレック展: 記者発表会
2011/7/13(水) 会場:コンファレンススクエア M+ (エムプラス)「グランド」 東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル10階 で行われました。

三菱一号館美術館コレクション〈U〉
トゥールーズ=ロートレック展
Toulouse-Lautrec, Albi-Paris
Maurice Joyant, I'héritage de I'artiste
本コレクションは、画家が生前まで手元におき、後に友人で画商のモーリス・ジョワイヤンに引き継がれ、代々ジョワイヤン家に伝わっていた作品群のうち250点余の版画作品を三菱一号館美術館の開館に向けて2007年に当館初のコレクションとして収蔵したもので、初公開となります。
本展では、19世紀末パリ、モンマルトルを華やかに描き出した代表的なポスターや、画家の芸術の革新性をもっとも顕著に示すリトグラフの数々から、およそ180展の作品を選りすぐっての紹介です。これらのまとまったリトグラフコレクションを通じて、ロートレックの独自性と、現代にも通じるグラフィック・アーティストとしての造形感覚を検証します。

会期: 2011 10/13(木)〜12/25(日) 展覧会は終了しました。
会場:
三菱一号館美術館
主催:三菱一号館美術館、朝日新聞社

画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。
トゥールーズ=ロートレック展
トゥールーズ=ロートレック展
2011 7/13 記者発表会
(ポスター制作者:服部一成)


― “三菱一号館美術館”所蔵のロートレックの作品を一堂にご紹介です ―
【展覧会の構成】
本展では、三菱一号館美術館とアルビのトゥールーズ=ロートレック美術館との姉妹館提携を記念し、三菱一号館美術館所蔵のポスター・版画コレクションに加えて、ロートレック美術館より、家族と過したアルビ周辺での日々やジョワイヤンとの友情を示す油彩画等を展示し、画家の心の拠り所であった故郷アルビの街とパリ、モンマルトルの歓楽街での創作活動を対比的に再構成しての紹介です。
アルビ周辺風景と家族
〜アルビ周辺風景と家族〜
トゥールーズ=ロートレックは南西フランスの街アルビにて、名門貴族の家に生まれ、父親やおじの影響を受けながら、幼少時から周囲の人びとや動物デッサンを通じて早熟な才能を発揮した。
《アデル・ド・トゥールーズ=ロートレック伯爵夫人》 1862年 油彩、カンヴァス
トゥールーズ=ロートレック美術館、アルビ
Musée Toulouse-Lautrec, Albi, Tarn, France

ポスター作家としてのデビュ
〜ポスター作家としてのデビュー〜
パリに出たロートレックは、次第にモンマルトルの夜の世界に魅了され、ポスター第一作《 ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュ 》(1891年) によって一夜にして成功を遂げた。ロートレックが制作した版画は、ポスターも含めて約360点程。その大部分はリトグラフ(石版画)であり、1891年から10年間で、数多くの油彩や素描と精力的に制作した。


《ディヴァン・ジャポネ》
 1893年 リトグラフ、ポスター

世紀末文化と制作活動 〜世紀末文化と制作活動〜
モンマルトルで名声を得たロートレックは、1889年に創刊された総合雑誌 『ラ・ルヴュ・ブランシュ』 の発行人ナタンソン夫妻など多くの文化人とも交友関係を深め、そのサロンに出入りした文学者や音楽家らとも交流した。

《シンプソンのチェーン》 1896年 リトグラフ、ポスター


アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(1864-1901)
Musée Toulouse-Lautrec, Albi, Tarn, France
略 年 譜
1864年(0歳) ロートレック家はフランスでも有数の貴族であり、母方のセレーラン家もこれに劣らぬ名家で、アンリは両家の新世代を担う最初の子供として誕生する。
1874年(10歳) 父は、健康とほとんど大きくならない身長を心配して、アンリに馬術を習わせる。学校では素晴らしい成績で進級したが、ほとんど通学ができず、退学を余儀なくされた。
1883年(19歳) コルモンの画塾はモンマルトルの丘にあり、夜はカフェ・コンセールやキャバレーで、彼の生活の中心になってゆく。アデール伯爵夫人がボルドのマルロメの城館を買い求め、ロートレックは夏を母親と一緒に過ごす。
1886年(22歳) ゴッホがコルモンの画塾に入ってくる。この時ゴッホは33歳であった。ロートレックはゴッホに惹かれ、親しくなってゆく。
1896年(31歳) 飲酒癖はますますひどくなり、時々中毒症状を起こす。女優のマルセル・ランデに情熱を抱き、石版画を何点か制作の後、彼の作品の頂点のひとつとなった 《ボレロを踊るマルセル・ランデ》 を完成。娼婦たちをモデルに石版画 《彼女たち》 を制作する。
1900年(35歳) ロートレックは断続的に仕事を続ける。オペレッタ 《ジプシー女》 のためのポスターを、また友人の愛人であるマドモワゼル、マルグーアンの肖像画を描いた。
1901年(36歳) ロートレックはほとんど食べられず、痩せ細り、芳しくない健康状態であった。それでも酒を飲み娼家に通うことをやめなかった。両親や友人たちの見守るなかで、36年の短い生涯を終えた。
1922年     アデール伯爵夫人はアトリエにあった全作品を、アルビ市の美術館に寄贈。
トゥールーズ=ロートレック家というのは十字軍のエルサレム攻撃に参加したほどの古い家柄で婚姻によってフランス、スペイン、イギリスの王家とも関係をむすんでいる大貴族である。

お問合せ:03-5777-8600 (ハローダイヤル)
展覧会サイト:http://mimt.jp/lautrec2011/
美術館サイト:http://mimt.jp
主催:三菱一号館美術館、朝日新聞社
後援:フランス大使館
特別協力:トゥールーズ=ロートレック美術館(アルビ)
協力:エールフランス、J-WAVE

参考資料:Press Release、他。
※写真撮影は全て、主催者の許可を得て行っております。
ご意見ご感想は  yashio@mui.biglobe.ne.jp

「アイ・エイ・アイ」:IAI HOME NEXT BACK
Copyright © 2002-2011 Yashio.ALL Rights Reserved.