IAIIAI:creative agency

「アイ・エイ・アイ」:IAI

サントリー美術館
サントリー美術館
東京都港区赤坂9-7-4 :六本木・東京ミッドタウン ガレリア3階
「東京ミッドタウン」 21世紀の日本を代表する街、世界に類を見ない独創的な街が誕生しました。

 

京都・醍醐寺 真言密教の宇宙

Daigoji Temple:
A Shingon Esoteric Buddhist Universe in Kyoto

 京都の山科にある醍醐寺は、貞観 16 年 (874) に理源大師聖宝によって開かれて以来、歴史の表舞台で重要な役割を果たしてきた名刹です。 真言密教のうちでも、特に加持祈祷や修法などの実践を重視する寺として発展し、その本尊となる彫刻や絵画、修法で用いる仏具など、9 世紀の開創期からの名宝が数多く伝わっています。 また、修法の次第や方法、本尊の図像についての記録、時々の為政者からの帰依を示す文書などは七万点近くに及ぶもので、国宝 「醍醐寺文書聖教」 として醍醐寺の繁栄の歴史を伝えています。

 2016 年、国宝・重要文化財の仏像や仏画をはじめ、文書・書跡など数多くの貴重な寺宝が海を渡り、初めて中国で展示されました。 平安時代から近世にいたる同寺の歴史と美術をたどる展覧会は好評を博し、上海と西安の二都市で 80 万人以上が来場しました。
 このたび、中国での展覧会開催を記念して、東京と福岡の二会場で同寺の密教美術の至宝を紹介する展覧会を開催いたします。

 本展は国宝・重要文化財に指定される仏像や仏画を中心に、貴重な史料・書跡を通じて、平安時代から近世にいたる醍醐寺の変遷をたどるものです。 密教の世界観を表す重厚な密教美術のほか、桃山時代に豊臣秀吉が行った 「醍醐の花見」 の関連作品や、三宝院の襖絵、俵屋宗達による屏風など、醍醐寺をめぐる華やかな近世美術も鑑賞できる貴重な機会となります。


会期: 2018 9/19(水)~11/11(日)
※作品保護のため、会期中展示替えを行います。
休館日:毎週火曜日(ただし 11/6(火) は 18 時まで開館)
開館時間:10時~18時 (金・土 および 10/7(日) は 20 時まで開館)
   ※いずれも入館は閉館30分前まで ※shop x cafe は会期中無休

会場:サントリー美術館 六本木・東京ミッドタウン ガレリア3階



'2018 9_18 「京都・醍醐寺―真言密教の宇宙―」 展のプレス内覧会の会場内風景です。
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。
「京都・醍醐寺―真言密教の宇宙―」サントリー美術館

cat.14 国宝 《薬師如来および両脇侍像》 三軀 木造 漆箔
薬師如来坐像:像高 176.1 / 日光菩薩立像:像高 119.9 / 月光菩薩立像:像高 120.9
平安時代 10 世紀

京都・醍醐寺―真言密教の宇宙―」 展
テープカット & 法要 & プレス内覧会 & プレス説明会
サントリー美術館 '2018 9_18


深遠な 密教美術 の宇宙を体感!

「展示構成」
本展覧会 「京都・醍醐寺―真言密教の宇宙―」 図録、プレスリリース、「News Release No. sma 0036」 より参考に、抜粋文を掲載しています。

展覧会の見どころ
1―大成功した中国展開催記念の展覧会!
2016 年、醍醐寺が護り伝えてきた至宝が海を渡り、中国の上海・西安で展覧会が開催され、のべ 80 万人以上が来場、好評を博しました。 本展は中国展開催を記念し東京、福岡の二会場で開催します。
2―国宝 36 件、重要文化財 60 件―貴重な寺宝を一挙公開!
9 世紀後半の開山以来千百年余。 醍醐寺の歴史を示す約 15 万点の寺宝から、選りすぐりの名宝約 120 件が展示されます。 かつて上醍醐に鎮座していた薬師堂の本尊薬師如来坐像 (国宝、平安時代) や優麗な如意輪観音坐像 (重要文化財、平安時代) などの傑作をはじめ、絵画、書跡、工芸など醍醐寺に伝わる名品が一堂に会する貴重な機会です。
3―深遠な密教美術の宇宙を体感!
空海によって日本にもたらされた密教は、様々な願いに応じる修法 (儀式) などそれまでの日本仏教に無い要素により、当時の朝廷や貴族から信仰を集めます。 空海直系の弟子である理源大師聖宝が開祖である醍醐寺は、その中核寺院の一つとなりました。 寺内に伝わる曼茶羅図や法具のほか、神秘的かつ大迫力の密教美術の数々から、真言密教の宇宙にふれていただきます。
4―豊富な白描図像~仏像・仏画の設計図と見比べる!
修法、祈祷といった実践面 (事相) を重視する密教では、仏像や仏画にあらわされる尊像の研究は重要な位置を占めています。 醍醐寺では様々な密教修法が実践されたので、宗派や流派の細分化に伴い、図像の研究が盛んに行なわれ、料紙に墨線のみで描いた白描図像が多数残っています。 本展では、絵画や彫刻と、その設計図ともいえる白描図像をあわせて展示します。
5―醍醐寺の繁栄と為政者との関わりを紹介!
醍醐寺は創建期から天皇、貴族、そして台頭する武士の帰依を受けてきました。 足利尊氏を支えた賢俊、室町幕府の足利義満ら三人の将軍から信任された満載済、応仁の乱の荒廃後に豊臣秀吉から手厚い保護を受けた義演など醍醐寺の歴代座主は時の為政者との深い関わりを持ちました。 寺内に伝わる多数の縁の品々を紹介すると共に、現代の醍醐寺の姿への変遷をたどります。

展示構成
第1章 聖宝、醍醐寺を開く
第2章 真言密教を学び、修する
第3章 法脈を伝える―権力との結びつき―
第4章 義演、醍醐寺を再びおこす


'2018 9_18 プレス内覧会の作品展示風景です。 「京都・醍醐寺 ―真言密教の宇宙―」図録、NEWS RELEASE No..sma0036 などからの抜粋文章を掲載しています。
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。
《如意輪観音坐像》
cat. 15
第1章 聖宝、醍醐寺を開く
  平安時代の貞観 16 年(874)、天智天皇の流れをくむ聖宝ば、東大寺において諸宗を学んだのち、醍醐味の水が湧き出る笠取山を見出し、草庵を結んで准胝・如意輪の両観音菩薩像を安置しました。 醍醐寺の始まりです。
 その後、醍醐寺は醍醐天皇をはじめ歴代天皇の帰依を受け、笠取山上に薬師堂や五大堂を加えて伽藍 (「上醍醐」) 整えながら、その山裾にも伽藍 (「下醍醐」) を展開し、開創から数十年のうちに大規模な寺観を整えていきました。
 本章ではまず、聖宝の肖像や伝記、縁起をはじめ、、醍醐天皇御願として聖宝により造り始められた上醍醐の薬師堂本尊の国宝 《薬師如来坐像および両脇侍像》 や、日本における如意輪観音像の代表作の一つである重要文化財 《如意輪観音坐像》 の名品によって、醍醐寺の草創期を概観します。
《空海像》《大日経開題》
cat. 1/cat. 2

・cat. 15 重要文化財 《如意輪観音坐像》 一軀 木造 漆箔 像高 49.0 平安時代 10 世紀
・cat. 1 《空海像》 一幅 絹本着色 縦 110.5 横 65.0 室町時代 16 世紀
・cat. 2 国宝 《大日経開題》 空海筆 一巻 紙本墨書 縦 29.2 長 290.9 平安時代 9 世紀

 ・cat. 15 一切衆生の願望を満たし、苦を救うという 如意輪観音坐像 は、醍醐天皇の流れをくむ 聖宝 が醍醐寺を開いて以来、寺内において特別に信仰されてきた尊像である。 ・cat. 1 平安時代・延歴 23 年 (804)、求法のため唐に渡った 空海 (774~835) は、長安 (現在の西安) の青龍寺において密教の第一人者である 恵果 に学んだ。 帰国後は真言密教の開宗に尽力し、嵯峨天皇の命により東寺を建立したほか、神護寺や高野山に金剛峰寺を開いて真言密教の礎を築いた。 その直系の弟子となるのが醍醐寺を開いた聖宝である。 ・cat. 2 中国・唐時代の高僧 善無畏 (637~735) とともに 『大日経』 を漢訳した高僧一行 (683~727) は、善無畏が講述した 『大日経疏』 を 20 巻に記した。 本作品は、その 『大日経疏』 から要文を抜き書きしたものである。 現状は前後を欠いた残巻で、紙質や寸法、界線の有無もさまざまな料紙九紙を貼り継いでおり、真言密教を修学研鑽する若き日の空海の自筆と考えられている。



《織田信長黒印状》
・cat. 101
第3章 法脈を伝える―権力との結びつき―
  修法が多く行われるようになると、各密教僧の間で異なる修法次第が生まれ、醍醐寺内でもいくつかの法流が形成されました。 その中で中心となったのは、第十四代座主の勝覚が創建した醍醐寺三宝院を拠点とする三宝院流です。 同院の院主は醍醐寺座主を兼ねることも多く、足利尊氏の政権における賢俊や、足利義満以下三代の将軍に仕えた満済など、彼らが座主として時の為政者帰依を受けることで、寺は繁栄を遂げてきました。
 本章では、法脈を形成した祖師像や、師から弟子へ伝えられる諸尊の修法について編集した記録などによって、法脈の相承を紹介するとともに、天皇や時の為政者の文書・書跡によって、醍醐寺の繁栄の歴史をひもといていきます。
《三国祖師影》
・cat. 75

・cat. 101 国宝 《織田信長黒印状》 一幅 紙本墨書 縦 17.3 横 46.4 安土桃山時代 16 世紀
・cat. 75 国宝 《三国祖師影》 一巻 紙本墨画淡彩 縦 30.3 長 1281.8 鎌倉時代 14 世紀

・cat. 101 織田信長 (1534~82) が醍醐寺三宝院に宛てた書状。 これ以前に信長の戦勝を祈願する祈祷を行った三宝院から、戦陣にある信長に 「祈祷之巻数」 が贈られており、それに対する返信である。 巻数とは、密教修法などの祈祷において、真言や宝号、またそれを唱えた回数などを書き上げた文書で、修法を実施した証であるとともに、それ自体が護符のような性格を有した。 ・cat. 75 三国 (インド、中国、日本) の高僧 46 人の肖像を集成した画巻。 46 人の内訳は、真言宗の僧が半分ほどを占め、中でも小野流の僧が多く、そのほか禅宗の祖師や道教の神々も含むという多彩な顔ぶれである。 本巻は鎌倉時代の写本で、原本は小野流の祖である 仁海 (951~1046) が撰述し、自ら描いたものであることが寛永 16 年 (1636) 書写の仁和寺本によって知られる。


'2018 9_18 「京都・醍醐寺―真言密教の宇宙―」 展のプレス内覧会の会場内風景です。
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

「密 教」

 密教とは、インドにおいてバラモン教の影響を強く受けて生まれた仏教の一派で、日本には平安時代に空海が中国・唐で学んで本格的に伝えた。 密教はそれまでの仏教とは異なる点が多く、例えば一切の根本仏である大日如来、忿怒尊の明王、また女性尊など、新たなみほとけが独自に創案された。 ほとけの姿も特徴的で、明王に代表されるようなすざまじい怒りの表現や、時に官能的な表現すら見られ、密教の神秘性の一端が現れる。
 密教尊像のなかでも不動明王ほど人々に親しまれ、また、さまざまな姿で表されてきた尊格は珍しい、忿怒の形相で人々を教え導くという不動明王は、密教の教主である大日如来の変化身として、醍醐寺には五大明王像が仏画をあわせて教祖伝在し、密教美術の宇宙世界を表す。

《五大尊像》

・cat. 38 国宝 《五大尊像》 5 幅 絹本着色 鎌倉時代 12~13 世紀
・cat. 22 重要文化財 《五大明王像》 5 軀 木造 彩色 平安時代 10 世紀
(・1-不動明王 ・2-降三世明王・3-軍茶利明王・4-大威徳明王・5-金剛夜叉明王) 


お問合せTel:03-3479-8600
展覧会公式サイト http://daigoji.exhn.jp/
サントリー美術館公式サイト:http://suntory.jp/SMA/
主催:
サントリー美術館、総本山醍醐寺、日本経済新聞社、テレビ東京、BSジャパン
協賛:京都銀行、サントリーホールディングス、住友林業、損保ジャパン日本興亜、ダイキン工業、竹中工務店、NISSHA、三井不動産
   サントリーホールディングス株式会社は公益社団法人サントリー芸術財団のすべての活動を応援しています。

参考資料:「京都・醍醐寺―真言密教の宇宙―」 図録、NEWS RELEASE No.sma 0036、プレス説明会、他
※画像の無断転載禁止
ご意見ご感想は  yashio@mui.biglobe.ne.jp

「アイ・エイ・アイ」:IAI HOME NEXT BACK
Copyright © 2002-2018 Yashio.ALL Rights Reserved.