IAIIAI:creative agency

「アイ・エイ・アイ」:IAI

 「横須賀美術館」

 〒239-0813 神奈川県横須賀市鴨居4丁目1番地
 
http://www.yokosuka-moa.jp

平成19年4月28日神奈川県立観音崎公園内にオープンしました。
海と緑に囲まれ自然とアートを一緒に楽しめる新名所が誕生します。
日本の近代・現代を中心とした所蔵作品をご紹介するほか、年に5回程度の企画展を開催、週刊新潮の表紙絵で知られる谷内六郎の作品を展示する別館もあります。
また、手や体を動かしながら美術の面白さに触れる参加体験型のプログラムも積極的に提供予定です。
建物は、周辺の環境に配慮して約半分を地下に埋め込み、自然と一体化した造りとなっています。屋上広場と海の広場からは東京湾を一望できますので、美術作品だけでなく自然もお楽しみ頂けます。

建築家 山本理顕氏の設計です。自然環境と共存、地形と一体化した海の見える美術館の誕生です。

「横須賀美術館の施設概要」
(敷地面積22,000㎡・延床面積12,000㎡) 地上2階・地下2階

  

<参加募集中>
冬のシネマパーティー

『バンクジー・ダズ・ニューヨーク』
“移動映画館”キノ・イグルーによるセレクトで開催するシネマパーティー、第22回目の今回は、エントランスホールの大空間での上映となります。
冬のシネマパーティーではおなじみのトサカンムリフーズが用意する、映画にちなんだ個性あふれるフードとともにお楽しみください。
上映作品は、2014年のアメリカ映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』。
世界各地の街に現れて、建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなどの活動を行う覆面アーティスト・バンクシーによるゲリラ的な展示をめぐるドキュメンタリー映画です。
日時:  (1) 2019年2月2日(土)
       (2) 2019年2月3日(日)
   各日17:50~19:40
場所: 横須賀美術館 エントランスホール
企画: キノイグルー
ケータリング: トサカンムリフーズ
定員:  抽選各日 30 名
参加費: 1,700円(軽食代)。
参加方法: 事前申込制
参加希望の方は、希望日、参加人数、代表者の郵便番号・住所・電話番号、
参加者全員の氏名・年齢を明記の上、
ハガキかEメールで「冬シネマ」係までお申し込みください(メールの場合は標題に明記)。
1月22日(火)必着。
詳細、お問い合せ: 046-845-1211


<参加者募集中>
「野口久光 シネマ・グラフィックス」関連企画
 「野口久光展 中央図書館シネマ上映会」
野口がポスターを手掛けた映画を横須賀市立中央図書館で上映します。
①「未完成交響曲」1933年
②「アンナ・カレニナ」 1951年
    日時:  ①16ミリ試写室 2月13日(水)14:00~
『未完成交響曲』(1933年/ドイツ・オーストリア/88分)
②日曜映画会 3月17日(日)午前の部10:00~
 午後の部14:00~ 『アンナ・カレニナ』(1948年/イギリス/114分)

場所: 各回とも中央図書館2階・視聴覚ホールにて開催
中央図書館 横須賀市上町1丁目61 京急横須賀中央駅から徒歩10分
定員:  先着 70 名
   会費:  無料
   参加方法:  当日先着制
   
詳細、お問い合せ: 横須賀市立中央図書館 tel: 046-822-2202

   
<参加者募集中>
マジックワークショップ

「世界で一つだけのオプティカル・イリュージョンをつくろう!」
クロースアップ・マジシャンの前田知洋さんと一緒に、世界に一つだけしかない自分だけのマジックの道具を作ります。
平面なのに浮かんで見えたり、大きさが違って見えたりする不思議な錯視。
今回はそんな目の錯覚を利用した切り絵やぬり絵を制作します。
日時: 平成31年 2月 17日(日) 14:00~16:00
場所: 横須賀美術館 ワークショップ室

講師: 前田知洋さん(クロースアップ・マジシャン)

   対象:  どなたでも(小学校2年生以下は保護者同伴)
定員: 抽選20名。
料金: 500 円。
参加方法: 事前申込制。
参加希望の方は、参加人数、代表者の郵便番号・住所・電話番号、参加者全員の氏名・年齢を明記の上、
ハガキかEメール(kouhou@city.yokosuka.kanagawa.jp)で
「マジックWS」係までお申し込みください(メールの場合は標題に明記)。
2月1日(金)必着。 *一通につき4名まで。
*ワークショップ時に手話通訳や要約筆記が必要な場合は、申込時にご相談ください。
詳細、お問い合せ: 046-845-1211

       
<参加者募集中>
「野口久光 シネマ・グラフィックス」関連企画
「野口久光展 スペシャル対談」
渡辺貞夫(ジャズプレイヤー)x管原正二(ジャズ喫茶ベイシー・オーナー)

ジャズ界の重鎮お二人をお招きし、深い親交があった野口久光やジャズについてお話しいただきます。
   
日時:  2019年2月19日(火)15:00~16:30
会場: 横須賀美術館 ワークショップ室
定員: 60名(要観覧券) ※応募多数の場合は抽選
    参加方法:  事前申込制。
参加希望の方は、参加人数、代表者の郵便番号・住所・電話番号、
参加者全員の氏名・年齢を明記の上、ハガキかEメールで
「野口展スペシャル対談」係宛までお申し込みください(メールの場合は標題に明記)。
2月4日(月)必着。※一通につき4名まで。
※手話通訳や要約筆記が必要な場合は、申込時にご相談ください。
   託児申込:  託児(1歳以上の未就学児)希望者は、
「託児希望」の旨と子どもの人数・年齢・性別を申込時にあわせてお知らせください。
(応募多数の場合は抽選5名)
※ワークショップ時に手話通訳や要約筆記が必要な場合は、申込時にご相談ください。
詳細、お問い合せ: 横須賀美術館 046-845-1211(代表)


   <参加者募集中>
「野口久光 シネマ・グラフィックス」

「学芸員によるギャラリートーク」
学芸員と一緒に会場を回ります。見どころをわかりやすくご紹介します。
日時:  3月9日(土)14:00~
     参加方法: 申込み不要
    直接会場(1階受付脇)にお越しください。参加には観覧券が必要です。
詳細、お問い合せ: 046-845-1211

    
<参加者募集中>
「野口久光 シネマ・グラフィックス」 関連企画
 特別上映会 「大林宜彦 監督作品 『思い出は映画とともに』」
「禁じられた遊び」や「第三の男」など、往年の名作映画について、大林宣彦監督が貴重な予告編映像とともに語るドキュメンタリー『思い出は映画とともに』(2014年/日本/48分)を上映します。
「思い出は映画とともに」
    日時3月10日(日) 11:00~、15:00~

             場所: 横須賀美術館 ワークショッ室
  定員: 各回とも先着70名(要観覧券)
直接ワークショップ室にお越しください。
託児申込:  託児(1歳以上の未就学児)希望者は、
「託児希望」の旨と子どもの人数・年齢・性別を申込時にあわせてお知らせください。
(応募多数の場合は抽選5名)
※ワークショップ時に手話通訳や要約筆記が必要な場合は、
申込時にご相談ください。

詳細、お問い合せ046-845-1211(代表)


<参加者募集中>
野口久光 シネマ・グラフィックス 関連イベント

「横須賀美術館 シーサイド ジャズコンサート」
映画ポスターを中心としたグラフィック・デザイナーとしてだけでなく、ジャズ評論家のパイオニアとして活躍した野口久光の展覧会「生誕110周年 野口久光 シネマ・グラフィックスにあわせ、美術館「海の広場」で野外ジャズコンサートを開催します。
日時:  2019年3月30日(土)11:00~13:40 
(3組、1組演奏時間を40分を予定)
 場所: 横須賀美術館「海の広場」
(雨天時は美術館ワークショップ室で開催。定員50名程。開催状況は当日HP等にてご確認ください。)
    参加費: 無料
●敷物、飲食物持込OK ・暖かい服装でお越しください。
●当日、軽食や飲み物などのケータリングを予定しています。(雨天時は中止の場合があります。)

タイムテーブル
11:00 ~
ジャグ フォー ウインズ オーケストラ
JUG Four Winds Orchestra
1994年創設。横須賀・横浜を拠点にバンド活動。最初は数人のメンバーで「JUG Band」(鍋・釜を持ち寄った寄せ集めバンド)を結成。その後、次第にメンバーが増え、1996年にバンド名を「JUG Four Winds Orchestra」と改名。相変わらずの寄せ集めバンドでも、「それぞれのセクションから流れる風がひとつになって心地よい音楽を届けたい」との思いを込めた。カウント・ベイシーの楽曲などを中心に、ビッグバンドジャズの楽しさを伝える演奏活動を続けている。

12:00 ~
力武 誠
Makoto Rikitake
1973年、横須賀生まれ。祭太鼓に親しみ、15歳でドラムを始める。故・日野元彦(dr)に出会いJAZZに開眼。5年間付き人をしたのち、当時闘病中だった日野の代役としてステージに上がりプロデビュー。日野皓正(tp)、鈴木勲(b)をはじめ、さまざまなセッションに参加。アフリカ・中央アジアなど海外公演、ハンク・ジョーンズ(pf)やクリス・ポッター(ts)とも共演。宇宙や自然をコンセプトに「BLUEDOT」、ファンキーなサウンドの「力武誠カルテット」の2つのリーダーバンドで活動。

13:00 ~
朝本 千可
Chika Asamoto
米国クレアモントカレッジ、バークリー音楽院に学び、1988年、日本人初の女性プロサックス奏者として、アルバム「GYPSY MOON」(日本コロンビア)でデビュー。JAZZにR&Bやポップスなどを取り入れ、リリカルな表現力を持った音楽性のみならず、その存在は、当時の日本のジャズ界に大きな衝撃を与える。凛とした美貌と、ワンアンドオンリーなソプラノサックスの音色、スタイリッシュなステージでアジアを代表する女性サックス奏者として国内外で幅広く活躍中。三浦市在住。
主催: 横須賀美術館
     協力:  横須賀トモダチジャズ実行委員会/一般社団法人ヨコスカ・ジャズ協会

詳細、お問い合せ: 046-845-1211


場所:横須賀美術館・ワークショップ室
お問い合せ:046-845-1211(代表)
046-845-1212 (展覧会・イベントなどについて)

横須賀美術館開催展
企画展 生誕 110 周年 野口久光 シネマ・グラフィックス (2019 2/9~ 3/31)開催。

「平成30年度 第 4 期所蔵品」展(特集:三木弘) (2018 12/22~2019 4/14) 開催。
谷内六郎<週刊新潮 表紙絵>展 「なつかしの道具たち」 (2018 12/22~2019 4/14)開催。
ギャラリートークは毎週日曜日および祝日(土曜を除く)開催。 (2018 12/22~2019 4/14)開催。


ご意見ご感想は  yashio@mui.biglobe.ne.jp

「アイ・エイ・アイ」:IAI HOME BACK
Copyright © 2002-2019 Yashio.ALL Rights Reserved.