IAIIAI:creative agency

「アイ・エイ・アイ」:IAI

 「横須賀美術館」

 〒239-0813 神奈川県横須賀市鴨居4丁目1番地
 
http://www.yokosuka-moa.jp

平成19年4月28日神奈川県立観音崎公園内にオープンしました。
海と緑に囲まれ自然とアートを一緒に楽しめる新名所が誕生します。
日本の近代・現代を中心とした所蔵作品をご紹介するほか、年に5回程度の企画展を開催、週刊新潮の表紙絵で知られる谷内六郎の作品を展示する別館もあります。
また、手や体を動かしながら美術の面白さに触れる参加体験型のプログラムも積極的に提供予定です。
建物は、周辺の環境に配慮して約半分を地下に埋め込み、自然と一体化した造りとなっています。屋上広場と海の広場からは東京湾を一望できますので、美術作品だけでなく自然もお楽しみ頂けます。

建築家 山本理顕氏の設計です。自然環境と共存、地形と一体化した海の見える美術館の誕生です。

「横須賀美術館の施設概要」
(敷地面積22,000㎡・延床面積12,000㎡) 地上2階・地下2階

   
<参加者募集中>
谷内六郎関連ワークショップ
 「大人も子どもも集まれ! ベーゴマ体験day」
谷内六郎の《週刊新潮 表紙絵》の中には、元気に遊ぶ子ども達の姿が描かれています。おはじき、ゴムとび、パチンコなどの懐かしい遊びに熱中する様子は、見ていて微笑ましく、自分の子ども時代を懐かしく鮮やかに思い出す方も多いでしょう。現在では、外でそうした遊びをする子ども達をあまり見かけなくなったかもしれませんが、遊びの魅力は健在。今回は、ベーゴマを取り上げ、デコレーションをしてオリジナルベーゴマを作って遊びます。ベーゴマ名人も登場するので、強くなるコツを教えてもらいましょう。 昔が懐かしい大人も、ベーゴマ未体験の子どもも大歓迎。谷内六郎作品に登場する子ども達のように真剣に遊んでみましょう。
    日時: 2018年 1月21日(日)
11:30~16:00 (14:30~15:30 に大会を行います)
※好きな時間にお越しください。開催時間中の出入りは自由です。
場所: 横須賀美術館ワークショップ室、海の広場
※雨天決行(ワークショップ室内で実施)
講師: やまさき薫(版画家・イラストレーター)、中島名人、BOZ(府中ベーゴマ倶楽部)
対象: 5歳以上(※未就学児は保護者の同伴が必要)
定員: 先着 80 名
※定員を超えた場合でも、ベーゴマ体験ができます。(ベーゴマをお貸し出しします)
参加費: 300 円 (オリジナルベーゴマ付き)
参加方法: 申込み不要 、直接会場にお越し下さい
詳細、お問い合せ: 046-845-1211


<参加者募集中>
開催概要
「先生のための美術館 ‘もっと’ 活用講座」
横須賀美術館では、平成25年度から、アートカードを用いた鑑賞教育を中心に、学校の先生を対象とした講座及び勉強会を行ってきました。今年度は、先生方の授業づくりに役立つような、美術および美術館に関する情報提供の場を設けることを目的に、下記の通り「先生のための美術館 ‘もっと’活用講座」を開催します。
   
日時: 第1回(中学校の先生向け):2017年6月23日(金)17:30~18:30
第2回(中学校の先生向け):2017年6月24日(土)11:00~12:00
                *第1回と第2回は同じ内容です。
第3回(小学校の先生向け):2017年8月22日(火)13:00~14:00
第4回(すべての先生向け):2018年1月24日(水)17:15~18:15
第5回(すべての先生向け):2018年1月27日(土)11:00~12:00
                *第4回と第5回は同じ内容です。

内容: 第1回/第2回
「夏休み中学生のための美術鑑賞ガイド」のご紹介と、中学校で出される夏休みの「鑑賞」の宿題について

第3回
「鑑賞ワークシート」と、「小学生美術鑑賞会」および来館の際の事前学習の効果について

第4回/第5回
図工・美術の授業以外での美術館の活用について

テーマごとに、先生の授業案に合わせた、美術館からの授業サポート案をご紹介します。
また、すべての回で、学芸員が展覧会をご紹介する、
ギャラリーツアーを実施します。
授業に必要な作品情報の提供など、先生方からのご要望もお受けいたします。

    対象/定員: 対象は、小・中学校教職員と、小・中学校教職員志望の方。
定員は各回20人程度(先着順)。

参加方法: お問い合わせください。
詳細、お問い合せ: 横須賀美術館(〒239-0813横須賀市鴨居4-1)
046-845-1212


<参加募集中>
冬のシネマパーティー

「メットガラ ドレスをまとった美術館」(日本語字幕版)
“移動映画館”キノ・イグルーによるセレクトで開催するシネマパーティー、第20回目を迎える今回は、昨年の冬に引き続き、エントランスホールの大空間での上映となります。冬のシネマパーティーではおなじみのトサカンムリフーズが用意する、映画にちなんだ個性あふれるフードとともにお楽しみください。 上映作品は、2016年のアメリカ映画『メットガラ ドレスをまとった美術館』。“プラダを着た悪魔”ことアナ・ウィンターがNYメトロポリタン美術館を舞台に仕掛けるファッション界最大のイベント“メットガラ”。一流メゾンと豪華セレブリティが彩る一夜をドラマチックに映し出す世紀のドキュメンタリーです。ファッションが好きな方、美術が好きな方、どちらにも興味深くみていただける内容です。

『メットガラ ドレスをまとった美術館』
2016年 アメリカ 91分
監督:アンドリュー・ロッシ
日時:  2018年2月3日(土)、4日(日) 17時45分~20時
(18時の閉館前に館内にお入りいただく形になります)
企画: キノイグルー
ケータリング: トサカンムリフーズ
   定員: 抽選各日30名
場所: 横須賀美術館エントランスホール
料金: 1700円(軽食代)
参加方法: 事前申込制。
参加希望の方は、希望回、参加人数、代表者の郵便番号・住所・電話番号、参加者全員の氏名・年齢を明記の上、
ハガキかEメールで「冬シネマ」係までお申し込みください
(メールの場合は標題に明記)。1月22日(月)必着。
詳細、お問い合せ: 046-845-1211


<参加募集中>
福祉講演会
「指先から広がる可能性―触覚による美術鑑賞」
横須賀美術館では、開館前の2006年から「視覚障害者の美術鑑賞」をテーマとした講演会を開催しています。今年は、本事業のコーディネートを担ってきた岩崎清氏をゲストに迎え、当館学芸員とともに、これまで紹介してきたヨーロッパの触察本や美術館の取り組みをふり返ります。視覚に障害がある方や、そのサポートに従事する方はもちろん、視覚以外の感覚を活かした美術鑑賞に興味のある方など、どなたでもご参加ください。
「ホエール・コルヴェスト氏(元パリ科学産業博物館 視覚障害者アクセス部門主任) & アナリザ・トゥラサッティ氏(イタリア国立オメロ触覚美術館学芸員)講演会資料」
    日時: 2018年 2月10日(土) 14:00~16:00
  場所: 横須賀美術館 ワークショップ室
   講師:  岩崎清(NPO視覚障害者芸術活動推進委員会代表、ギャラリーTOM副館長)
対象: どなたでも
定員: 40名
参加費: 無料
申し込み方法:  当日先着制。
詳細、お問い合せ: 046-845-1211


<参加者募集中>
第4期所蔵品展
「アーティスト・トーク」

第4期所蔵品展「横須賀のアーティスト」出品作家によるお話です。
①井上裕起 《salamander[F1]》個人蔵、2016年
②安木洋平《Untitled Q5》2016年、作家蔵
    日時: ①2018年2月11日(日)14時~
            ②2018年3月10日(土)14時~
場所:  横須賀美術館ワークショップ室及び展示室
   講師: ①井上裕起(現代美術家) ②安木洋平(画家)
定員:  各70人
料金:  無料
参加方法:  申込み不要
直接会場(1階展示室)にお越し下さい。参加には観覧券が必要です。
※ワークショップ時に手話通訳や要約筆記が必要な場合は、申込時にご相談ください。
詳細、お問い合せ: 046-845-1212


<参加募集中>
展覧会企画

「対談 版画家・磯見輝夫x藤田修」
第4期所蔵品展にあわせて、版画家の磯見輝夫さんと藤田修さんの対談を開催します。木版と銅版、フォトポリマーグラヴュールと異なる技法で制作しているお二人ですが、 学生の頃藤田修さんは磯見輝夫さんの画塾で教わっていたそうです。このお二人の版画家の対談では、作品について、また創作について幅広くお話していただきます!

磯見輝夫
《東北紀行・空を駆ける》(後期展示)1990年、木版・和紙
藤田修
《Rain》(後期展示)1997年、フォトエッチング、エッチング、アクアチント・紙
日時:  2018年2月12日(月・祝)14:00~
   定員: 70名
場所: ワークショップ室及び展示室
参加方法: 当日先着制。
参加には観覧券が必要です。
託児申込:  託児(1歳以上の未就学児)希望者は、「託児希望」の旨と
子どもの人数・年齢・性別を1月29日(月)にあわせてお知らせください。
(応募多数の場合は抽選5名)
※手話通訳や要約筆記が必要な場合は、1月29日(月)までにご相談ください。
詳細、お問い合せ: 046-845-1211


<参加者募集中>
開館 10 周年記念
 「レ・フレール コンサート」
横須賀美術館開館10周年の最後を飾るのは、横須賀出身の人気ピアノデュオ「レ・フレール」によるピアノコンサートへの無料招待!当館エントランスホールでのコンサートをお楽しみください。
    日時: 2018年2月17日(土)
19 時~(約 1 時間) ※開場は 18 時 30 分~
場所: 横須賀美術館エントランスホール
   演奏者: レ・フレール(公式ページ: http://lesfreres.jp)
対象: どなたでも
定員: 抽選 150 名
参加費: 無料
参加方法: 事前申込制。
参加希望の方は、参加人数、代表者の郵便番号・住所・電話番号、参加者全員の氏名・年齢を明記の上、
ハガキかEメール(kouhou@city.yokosuka.kanagawa.jp)で「開館10周年記念コンサート」係まで
お申し込みください(メールの場合は標題に明記)。
2018年1月19日(金)必着。※一通につき4名まで。
※イベント時に手話通訳や要約筆記が必要な場合は、 申込時にご相談ください。
詳細、お問い合せ ハガキ: 〒239-0813 横須賀市鴨居4-1 
Eメール: kouhou@city.yokosuka.kanagawa.jp


<参加募集中>
展覧会企画

「海の見える哲学カフェ 広瀬美帆さんの作品について おしゃべりしよう!」
広瀬美帆さんの作品を題材にして、自由にじっくり話してみませんか?展覧会を観覧していると、様々な考えや疑問が浮かび上がってくると思います。 実際には複数の作品が展示されているので、気軽に考えたことを話してみませんか?「哲学カフェ」では身近で答えの出ない問いを持ち寄って、対話していきます。初心者大歓迎です!

瀬美帆《レトロ乳母車》2011年、油彩・マゾナイト
日時:  018年3月11日(日)13:00~16:00
   場所: ワークショップ室及び展示室
   ファシリテーター: 土屋陽介(開智日本橋学園中学高等学校教諭・開智国際大学非常勤講師)
   対象: 18歳以上
   定員: 抽選30名
料金:  1人300円+所蔵品展観覧券
参加方法: 事前申込制。
参加希望の方は、参加人数、代表者の郵便番号・住所・電話番号、参加者全員の氏名・年齢を明記の上、
ハガキかEメールで「哲学カフェ」係までお申し込みください(メールの場合は標題に明記)。
3月1日(木)必着。※一通につき4名まで。
託児申込:  託児(1歳以上の未就学児)希望者は、「託児希望」の旨と
子どもの人数・年齢・性別を申込時にあわせてお知らせください。
(応募多数の場合は抽選5名)
詳細、お問い合せ: 046-845-1211


 <参加者募集中>
青山義雄展
 「学芸員によるギャラリートーク」
展覧会の見どころや、出品作品の魅力について、担当学芸員が詳しくご紹介します。
    日時: 2018年3月17日(土) 14:00  &  2018年3月27日(火) 14:00
場所: 横須賀美術館 企画展示室
   講師: 担当学芸員
    対象: どなたでも
参加費: 無料
参加方法:  *申込み不要、集合場所(1階受付脇)にお越し下さい。
参加には観覧券が必要です。
※手話通訳や要約筆記が必要な場合は、各開催日の2週間前
(①3月3日(土)/②3月13日(火))までにご相談ください。
詳細、お問い合せ046-845-1211(代表)


<参加者募集中>障害児向けワークショップ 「みんなのアトリエ2017」
障害児者を対象としたワークショップです。
講師の後藤敦史さんの軽妙なトークに導かれながら、
思いっきり大きな絵を描いたり、カラフルな粘土を
こねこねしてみたり、ご自宅ではなかなか体験できない
創作活動に、ご家族で参加しませんか。


2017年 4月15日(土) えのぐのえ 【大きな紙の上で、絵の具をつかって遊びます】
5月20日(土) ペタペタペストリー 【フェルトをつかってタペストリーを作ります】
6月17日(土) ネンドコドンネ 【みんな大好き!カラフルで軽量な粘土をつかって遊びます】
7月15日(土) カミカミカミン 【紙をつかって遊びながら工作します】
8月19日(土) えのぐのえ part 2 【大きな紙の上で、絵具をつかって遊びます】
9月16日(土) モクモクキー 【紙をつかった工作です】
10月15日(土) ネンドコドン part 2 【みんな大好き ! カラフルで軽量な粘土をつかって遊びます】
11月18日(土)えのぐのえ part 3 【大きな紙の上で、絵具をつかって遊びます】
12月16日(土)ベタベタベストリー part 2 【フエルトをつかってタペストリーを作ります】

2018年 1月20日(土) ネンドコドン part 3 【みんな大好き ! カラフルで軽量な粘土をつかって遊びます】
2月17日(土) モクモクキー part 2 【木をつかってモクモクと遊びます】
3月17日(土) カミカミカミン part 2 【紙をつかって遊びながら工作します】

いずれも、活動は14:00~15:00 (1時間程度)

講師:後藤敦史(イラストレーター、造形作家)
場所:横須賀美術館ワークショップにて
対象:20歳以下の障害児者 ※ご兄弟も制作に参加できます。
その他:汚れてもよい服装でご参加ください。
定員:各回10名程度  ※必ず付き添いをお願いいたします。
参加費:無料
事前申込制:希望日、郵便番号、住所、電話番号、人数、それぞれの氏名、年齢を明記の上、
ハガキもしくはEメールでお申し込みください。メールの場合は、
件名に「みんなのアトリエ」と明記してください。また、お差し支えなければ、
障害児者の方の障害の種類や症状等を簡単にお書き添えください。
応募多数の場合は抽選となります。
締切は各活動の10日前です。 定員に満たない場合は、締切後も受け付けますので、
前日までにお電話でお問い合わせください。
*手話通訳や要約筆記が必要な場合は事前にご相談ください

場所:横須賀美術館・ワークショップ室
お問い合せ:046-845-1211(代表)
046-845-1212 (展覧会・イベントなどについて)

横須賀美術館開催展
第70回 児童生徒造形作品展(2018 1/11~ 1/29)開催中。
所蔵品展 「平成29年度 第4期所蔵品」展 特集:横須賀のアーティスト (2017 12/23~2018 4/1) 開催中。
谷内六郎<週刊新潮 表紙絵>展 「おやすみ から おはようまで」 (2017 12/23~2018 4/1)開催中。

〈開催予告〉 青山義雄展―きらめく航跡をたどる(2018 2/10~ 4/15)開催予定。

ご意見ご感想は  yashio@mui.biglobe.ne.jp

「アイ・エイ・アイ」:IAI HOME BACK
Copyright © 2002-2018 Yashio.ALL Rights Reserved.