IAIIAI:creative agency

「アイ・エイ・アイ」:IAI

 第37回 日展
 
 日本画・洋画・彫刻・工芸美術・書  
 「授賞作品」

 日展

 (平成18年9/16〜10/9 弘前展
 青森県武道館)
巡回展は終了しました。


文部科学大臣賞

日本画《椿 樹》土屋 禮一

 文部科学大臣賞 日本画 「椿 樹」
 土屋 禮一 評議員・59歳(岐阜県出身)

 土屋氏の作品はここ数年空とか山とかを主題に量感溢るる作品を描き続けて来たが、今回の 作品「椿樹」は花鳥画に類するものでありながら、その作風は以前と変わりなく細部にこだわりな く花鳥画の新風と云えよう。

文部科学大臣賞 洋画 「花屋さんになった夢」
西岡 義一  参与・83歳(奈良県出身)


永年にわたり、作者のメルヘンの世界を詩情豊かに表現している。今回の作品は明るく画面を構成的にまとめ上げた秀作である。

洋画《花屋さんになった夢》西岡 義一

内閣総理大臣賞

彫刻《はんなりと石庭に》宮瀬 富之
内閣総理大臣賞 彫刻 「はんなりと石庭に」
宮瀬 富之 (本名:富夫) 評議員・審査員64歳(京都府出身)


 
京都在住の作家である。平和と静寂を願う気持ちを京都枯山水、龍安寺石庭に自分を重ね造形化した作品である。
斬新な感覚で具象彫刻の一方面を示した。古来の伝統に立脚し、併せて現代の息吹を表現した秀作である。



内閣総理大臣賞 工芸美術(漆) 「耀貝二曲屏風 朝陽の響」
服部 峻昇 (本名:俊夫) 評議員・62歳(京都府出身)

 作者は、伝統の確かな蒔絵表現に、耀貝螺鈿、平文など華麗な漆芸素材を駆使して、他の追随を許さぬ独自の美を追求してきた。
本作品はまさにその頂点ともいうべき境地を示した秀作である。
工芸美術《耀貝二曲屏風 朝陽の響》服部 峻昇


書《一 葉》杭迫 柏樹

 内閣総理大臣賞 書 「一 葉」
 杭迫 柏樹 (本名:静司) 評議員・71歳(静岡県出身)

 基盤とする古典は空海灌頂記に求めて草卒の間に書かれた感じとスケールの大きさをねらったと思える快作と言えるでしょう。空間の白を見事に美しく出しました。
次ページは日展会員賞
NEXT
 ご意見ご感想はyashio@mui.biglobe.ne.jp
「アイ・エイ・アイ」:IAI HOME BACK
Copyright © 2002-2005 Yashio.ALL Rights Reserved.