IAI IAI-Artgallery
「アイ・エイ・アイ」:IAI
HOME WHAT'S NEW PRODUCTS CONTENTS
PROFILE INFORMATION LINK MAIL
SOHO Internationl Art Institute
     The communication of arts by website


ブルクハルト(1818〜1897)「近代美術史学の確立者」
「芸術は、詩とは違って、語るのではなく、建て、刻み、描く精神である。すなわち芸術は、語りえぬものそのものである。語りえぬものは、言葉の中に生きることができないゆえに、フオルムと色調の中に生きるものである。したがって、ひとつひとつの芸術作品の真の神秘については語ることができない。そして探求すればするほど、芸術一般の最奥の根拠はますます謎となる。芸術の批評は多かれ少なかれ、虚しいものである。」

アイ・エイ・アイ Internationl Art Institute :IAI IAI:Creative Agency
国内外のアートの総合情報サイトとして2002年7月より、開設いたしました。
各公募展の開催日程や「受賞作品」を始め、国内外のアーティストの最新メッセージを紹介してまいります。
皆様からの多様な情報をいただき未来へ発信し続けてまいります。
なにとぞ、宜しく、お願い申し上げます。

追 啓、Webの全ての画像は情報です、作品の素晴らしさは魅了してやみません、ご鑑賞をお勧めいたします。

Art coordinator or Art reporter
八塩 護一 (YASHIO goichi)
職歴.経歴 新聞社関連会社 美術関連出版社


リアリズムとロマン主義的美学思想―「リアリズムとシェリングの芸術哲学」
シェリングは、自然を神的なものと考え、自然の内に精神の意識的な働きを探る自然哲学を語ったが、それに続けて、精神の働きが自然の実在性の形で見えてくるものとして、芸術を挙げ、芸術哲学を論じる 『超越論的観念論の体系』(1800年) を書いた。
シェリングは、哲学は知的直観による洞察ゆえに、人間における知という一面を高めるに過ぎないが、「芸術は全体的人間そのものを高みへともたらす」 と考え、芸術に、哲学以上の機能を認めたのである。

人間は自然の一部であり、自然の循環のなかに組み込まれている。 「自然は目に見えるものとなった精神、精神は見えざる自然であるべきである」、「私たちの内なる精神と外なる自然の絶対的一致」、この 「自然のイデー」 が、シェリングの目指すところである。

「自然の模倣説」 というリアリズムと 「自然の理想化説」 というアイデアリズムの両者は相補的関係にあると シェリングは説いている。
所産的自然としての自然、万物を生み出す生命、生成変化し続ける現象的時間のうちに、真に充実した現実存在としての姿を現す。それは同時に 「真に完成された美」 の永遠の瞬間である。 「芸術とはそのような瞬間における本質を表現する」 シェリングの新たな解釈である。…「論文」

Exhibition

「アイ・エイ・アイ」:IAI

HOME NEXT
Copyright © 2002-2017 Yashio.ALL Rights Reserved.