IAIIAI:creative agency

「アイ・エイ・アイ」:IAI

 洋画家

 無所属 佐藤 照雄
 (リアリズムの追求)


「内部の広野における標」佐藤照雄

何事も始まりは己の内部の広野を彷徨い、それを描き切ることから始まります。

「内部の広野における標」
53.0x 65.2(15F)

「薔薇のマハ」佐藤照雄

リアリズムの画家にとりまして、人類の半分たる女を表現するのに独断と偏見では通用しない。  現代の裸婦をどう描くか、永遠のテーマといわれるのはその故でありますか。

「薔薇のマハ」
53.0x 72.7(20P) 

「佐度 A」佐藤照雄

リアリズムとは、見ることの哲学だといってよい。  人は皆、2枚のスクリーンを持っている。  内と外に。外を見るときは内のデータをもとに、内を見るときは外のデータを持って。  だから自然を見るということは、つまりは自分の心を見つめているのだ。

「佐度 A」
130.3x162.0(100F)

「森の巨人 A」佐藤照雄

空想も幻想もリアリズムには入らない。

「森の巨人 A」
53.0x 45.5(10F)

ご意見ご感想は  yashio@mui.biglobe.ne.jp

「アイ・エイ・アイ」:IAI
Copyright © 2002-2017 Yashio.ALL Rights Reserved.