「アイ・エイ・アイ」:IAIIAI:creative agency

「アイ・エイ・アイ」:IAI

 第 8 回 日展 「授賞作品」

日本画・洋画・彫刻・工芸美術・書 
「会員賞作品」
公益社団法人 日展



第 8 回 日展
日展会員賞
( 5 名)


・第8回 日展 '2021 「会員賞の授賞作品」です。 画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

日展会員賞 日本画 《 epoch '20-'21 》
岩田 壮平 会員・審査員


 コロナ禍の中、大きく変動する社会を見つめて、金色(金箔)一色で描かれた作品は、
生の深き業のようなものが浮かび上がる心象的な表現で仕上げられています。
 現代の様相を重ね合わせた作品で、
色彩的にも構成的にも新しい感性で表現されていて、
作品として高い評価をうけました。

岩田 壮平《epoch '20-'21》


福田 あさ子《瞬く》

日展会員賞 洋画 《 瞬く 》
福田 あさ子 会員


 作者は長い間、日本人形を主題にして作品を制作してきた。
 古来、平家物語が読み続けられて来たように、
日本人は人の悲しみが理解できる民族である。
 日本人形はその日本の心をそなえ静かな美しい人形に作家は虜になったのだろう。
 日本人形と屛風を組み合わせて日本的な余白の構図で表現した作品は、
コロナ禍の混迷した社会の中で清新な風を感じる作品であった。



日展会員賞 彫刻 《 清晨 》
槙野 仁一 会員


 清らかな朝、「清晨」をタイトルとした通り、汚れのない乙女像を制作した。
 オーソドックスな具象表現である。
作者は理想的な人体を希求し、無垢なる存在を生み出した。
造像を行う上での、達意の技術力が光る。
    

槙野 仁一《清晨》


田中 照一《煌めく》

日展会員賞 工芸美術 [彫金・鍛金] 《 煌めく 》
田中 照一 会員・審査員


 「万古不易」。
 歴史の真理は、いつまでも新しさを失わせないことを感じさせる作品である。
 V字形の模様、それを包み込む金彩、わずかに紫色を帯びた黒色の配置、
そして大ぶりで甲盛りの箱。これらが一体となって現代の律動をきらめかせる。



日展会員賞 書 《 珊瑚枝枝 》
尾西 正成
 会員


  力強い筆線は迫力に満ち、大胆と言える程で、
躍動感にあふれている。
同時に、余白を生かし、見事に調和している。
 米芾、明末清初、さらに墨跡の筆法を自らのものとしつつ、
新たな書の美を模索した意欲的な作品は、
本賞に価するものと判断される。

尾西 正成《珊瑚枝枝》

・作品受賞理由の批評は日展評です。
(陳列総点数3,018)


次ページは日展特選賞授賞作品です。
NEXT


ご意見ご感想はyashio@mui.biglobe.ne.jp


「アイ・エイ・アイ」:IAI

HOME

BACK

Copyright © 2002-2021 Yashio.ALL Rights Reserved.